top of page

開店しようと思ったこと

不登校、引きこもり、その他の人達の生き方を捜す人達の気楽に一緒に働いたり集まる場として手作りケーキとコーヒーの店を開店しました。楽しいモグラクラブの目標として、

・仕事のプロを目指す人達を育てる。 ・可能性を提案する ・地域と仕事のネットワークをつくる。 ・文化情報発信する。

彼等を見て思った事は既製の服があわなくて動けなくなった感じで、ならば、イージーオーダーのような考え方や、仕事を見つけ出したらどうかという事です。そしてもっと欲を見つけたら、オーダーメイド(起業家になる)をすればよいと思います。今、世の中、何か変と感じる心は大切で、これからの日本を変えていくのは、そういう心を持った君達かもしれない。成功経験を増やし自身がついたら自分達で、

①何がしたいか(理念、目的の設定) ②どこまで出来るか(限界の認識) ③なぜ出来ないのか(障害の確認) ④どうすれば出来るのか(可能性の追求)

と言う事を話し合って仕事を増やして行けばいいと思っています。その為には、全員参加、情報の共有が必要になってくる。この時点で一部でかたよって儲ける事は避けなければなりません。大きくする為には、懐疑心を持たれないようにする事です。形としては将来NPO法人にするとかです。そして親の会やその他の人達にフォローに入ってもらうのもいいかなと思います。

みんなが少しずつでもいいからお金を稼ぐ事によって自立出来ればと思っています。シルバー人材センターのような”仕事待機型人材センター”です。特にフォローに入ってくれるお母さん達がこの経験を通じて自身をつけて起業家になるのも良いと思っています。親も子も幸せになって欲しいと思います。これを卒業した人達がネットワークをつくって、ばんばん儲ける事はすばらしいと思います。

失敗しても1%の成功が有ればそれを育てていけばいい、恐れることは無いのです。仕事はお客様に対するサービス精神が大切で、こだわりの強い人達は今まで無かったいろいろな仕事に対しての付加価値、つまり、おまけを見つけ出してくれるだろうと思っています。そしてフォローの一番目として私が入ります。私も又ちょっと前まで自分の心の問題で大変だったからです。道はいろいろ有って答えもいろいろあります。1人1人希望を持って変革の火種を広げて行けばいいと思っています。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

平田の自閉の世界

平田の発達障がいの内側からの感覚などを話をしたいと思います。 自閉スペクトラム症(ASD)、注意・欠如多動症(ADHD)、学習障害(LD)を持っています。 平田の自閉内部ではこんな感じです。 1)自分の身体がどこまでなのかが分からない時が有り、物にぶつかってしまいます。時々自分の手で、自分の身体はどこまでなのかの確認をしています。 2)その為か車に乗っていて車が右折や左折する時も、車幅が分からなく

Comments


bottom of page