top of page

荘子

平田が好きな考えの人が「荘子さん」です。


ちょっと前に100分で名著でも紹介されていました。


その中で、好きなのは「無用の用」です。

『常識では全く無用の存在に豊かな意味を与える「無用の用」のエピソード。

それらは、世間的な価値でははかれない「遊」の境地を教える。


一見役立たずの大木も、舟遊びや昼寝といった「遊」の立場に立てば、

一気に「大用」に転換する。


それは「人の役に立つことで却って自分の身を苦しめる」状況からの解放だ。』


つまり、大木が無用と思われているからこそ切られずに残ったのです。

有用だったら、とっくに切られてしまっている。

考え方の転換で、楽しくすごす生き方を教えてくれています。


これからの日本や私達に、とても必要なのではないかと思います^^

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

平田の自閉の世界

平田の発達障がいの内側からの感覚などを話をしたいと思います。 自閉スペクトラム症(ASD)、注意・欠如多動症(ADHD)、学習障害(LD)を持っています。 平田の自閉内部ではこんな感じです。 1)自分の身体がどこまでなのかが分からない時が有り、物にぶつかってしまいます。時々自分の手で、自分の身体はどこまでなのかの確認をしています。 2)その為か車に乗っていて車が右折や左折する時も、車幅が分からなく

コメント


bottom of page