top of page

14年間

9月16日、私の家のサブが亡くなりました。

最後は、私達が帰ってくるのをまっていきました。 私の家に来て14年間、御苦労様でした。 とても気性のはげしいけれど甘えんぼうの表情ゆたかな北海道犬でした。 私が悲しい時、苦しい時、嬉しい時、いつも一緒にいてくれました。 いつも私とサブは喧嘩友達で、やりあっていました。 生きているという事はいつか死にます。 サブは天命をまっとうしていきましたが、 それでもまわりには悲しい人達がいます。 自分の命を大切に生きてゆきたいと今とても思っています。 みなさんも、自分の命を大切に生きていって下さいね。


追伸、   涙がとまらない。   私にも傷ついたり悲しんだりする心が有ります。

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

平田の自閉の世界

平田の発達障がいの内側からの感覚などを話をしたいと思います。 自閉スペクトラム症(ASD)、注意・欠如多動症(ADHD)、学習障害(LD)を持っています。 平田の自閉内部ではこんな感じです。 1)自分の身体がどこまでなのかが分からない時が有り、物にぶつかってしまいます。時々自分の手で、自分の身体はどこまでなのかの確認をしています。 2)その為か車に乗っていて車が右折や左折する時も、車幅が分からなく

Comentarios


bottom of page