top of page

組織の血液として(2)

組織の中での人間関係の中で相性のよしあしが大きくなると情報の偏りが出てきます。 情報が集中するという事は力を持つことになり、 それが派閥につながっていきます。 フラットな組織には派閥はいりません。 情報の共有はそういう事を少しでも無くして元気な組織を作り上げます。 そしてきちんとした血管を作ります。そこから情報を流します。 アメーバーのようにプロジェクトが出来、情報の共有の中で、 みんなが考え行動し使命が終われば無くしてく。 新陳代謝の良い企業になっていく事が長く、 皆様の役に立つ企業になるのだと思っています。 そして楽しいモグラクラブも、そのような組織を目指したいと願っています。


追伸、

 幸年期になると、新陳代謝が悪くなる。私の体も、人間ドックに行って

 情報をもらい、“フラット”ならないよう気をつけよっと。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

平田の自閉の世界

平田の発達障がいの内側からの感覚などを話をしたいと思います。 自閉スペクトラム症(ASD)、注意・欠如多動症(ADHD)、学習障害(LD)を持っています。 平田の自閉内部ではこんな感じです。 1)自分の身体がどこまでなのかが分からない時が有り、物にぶつかってしまいます。時々自分の手で、自分の身体はどこまでなのかの確認をしています。 2)その為か車に乗っていて車が右折や左折する時も、車幅が分からなく

Comments


bottom of page