top of page

組織の血液として(1)

組織の血液は何かというと、情報ですね。 どこかでとまってしまうと、腐ってしまう。 トップダウン、ボトムアップ。 これがうまく流れてこそ元気な組織になる。 たのしいもぐらくらぶは今までは個人企業だったので、 そんなに気をつけなくても良かったのですが、 今は中小企業の段階に入ってきたので 新しい組織や情報の流れを作っているところです。 そして大企業になると、もっと大きく変えなければなりません。 ダイナミックでグットカンパニー。 私達は今まで以上に情報の共有などで責任ある企業に変わっていこうと。


追伸、

 ただし個人的情報はどんなところでも別です。プライバシーに関わるからね。

 たのしいもぐらくらぶもNPO法人として、情報を公開せねばならない事と、

 公開してはならない事をはっきり分けています。

 私の事ならいつもへらへら、ケーキを焼いている、変なおばさんという事は

 公開していますのでよろしくネ。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

平田の自閉の世界

平田の発達障がいの内側からの感覚などを話をしたいと思います。 自閉スペクトラム症(ASD)、注意・欠如多動症(ADHD)、学習障害(LD)を持っています。 平田の自閉内部ではこんな感じです。 1)自分の身体がどこまでなのかが分からない時が有り、物にぶつかってしまいます。時々自分の手で、自分の身体はどこまでなのかの確認をしています。 2)その為か車に乗っていて車が右折や左折する時も、車幅が分からなく

Comments


bottom of page