top of page

攻めと守り

兵法書の「司馬法」に”どんな大国でも戦いを好めば必ず滅びる、 逆にまたどんな平和の時代でも戦争に備えることを忘れれば 必ず危険にさらされる”と書いてあるそうな。

孫子さんが別に言った事には、”まず自軍の体制を固める” というのは己を知ることらしい。 ”じっくりと敵のくずれるのを待つ”というのは、 相手を知ることらしいんだって。 そしてね、”不敗の態勢をつくれるかどうかは 自軍の態勢いかんによるが、 勝機を見いだせるかどうかは敵の態勢いかんにかかっている”


追伸、どうか、みんなが幸せになるよう    日本に己と相手を知った人達が出てきますように、    時を読む人達がでますように、    世界の人達が幸せになりますように。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

平田の自閉の世界

平田の発達障がいの内側からの感覚などを話をしたいと思います。 自閉スペクトラム症(ASD)、注意・欠如多動症(ADHD)、学習障害(LD)を持っています。 平田の自閉内部ではこんな感じです。 1)自分の身体がどこまでなのかが分からない時が有り、物にぶつかってしまいます。時々自分の手で、自分の身体はどこまでなのかの確認をしています。 2)その為か車に乗っていて車が右折や左折する時も、車幅が分からなく

Comments


bottom of page