top of page

人物の鑑定

戦国時代の魏の国の宰相であった李克さんが 人物を鑑定する時に基準にしたこと。

1.不遇のとき、誰と親しかったか 2.富福なとき、誰を救ったか 3.官位に立ったとき、誰を抜擢したか 4.窮地に立ったとき、不正を行わなかったか 5.困ったとき貪(むさぽ)り取らなかったか

日本人の中でこの鑑定でオーケイ出る人何人いるかな? 私達は、そういう目で見られている事、 ちょっと考えて生きていきたいな~~~


追伸、私の手相鑑定してもらった時、

とっても変わっている人って出ていると言われたの。    

そんなの私分かってるも~~ん。    

そして気に入っているので~~す。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

平田の自閉の世界

平田の発達障がいの内側からの感覚などを話をしたいと思います。 自閉スペクトラム症(ASD)、注意・欠如多動症(ADHD)、学習障害(LD)を持っています。 平田の自閉内部ではこんな感じです。 1)自分の身体がどこまでなのかが分からない時が有り、物にぶつかってしまいます。時々自分の手で、自分の身体はどこまでなのかの確認をしています。 2)その為か車に乗っていて車が右折や左折する時も、車幅が分からなく

Comments


bottom of page